自由民主党のHPはこちら↓
http://www.jimin.jp/index.html

新時代の幕開け『#自民党2019』プロジェクト

新時代の幕開け『#自民党2019』プロジェクト

ここをクリック⇒【https://jimin2019.com/

携帯サイトはこちら

自由民主党静岡県支部連合会

http://www.jimin-shizuoka.or.jp/

お知らせ詳細

令和2年度予算に対する市町支部要望事項の聞き取り〜熱海市・伊東市地域〜

【熱海市支部】要望事項

1.熱海港防災安全対策事業及び港湾改修事業並びに津波対策の促進について

@熱海港防災安全対策事業について
 熱海渚地区では、平成21年度から渚地区第4工区の整備が始まっておりますが、海岸地域住民の防災面からも重要でありますので、津波対策等の防災安全対策事業を取り入れての早期の完成をお願いいたします。
 また、長浜地区では北工区が平成22年度に完成しましたが、南工区についても、地域住民との協働による観光まちづくりの拠点、防災面からも重要でありますので、防災安全対策事業を取り入れての早期の完成を要望いたします。


A熱海港港湾改修事業について
 熱海港は、伊豆七島や初島へ定期航路が就航しており、年間の乗降客数は約50万人と県下最大の利用客を持つ重要な観光港となっています。
 また、平成19年から平成30年にかけて計11回、大型クルーズ客船「にっぽん丸」が入港し、富士箱根伊豆エリアの海の玄関口として、又観光資源としての新たな可能性を検討しています。
 一方で災害時には救援活動の拠点として、熱海港の担う役割は非常に大きいものがあると考えています。引き続き、防波堤(北)を整備し港内全体の静穏度を高めるようお願いするものです。
 また、伊豆山港については、防波堤が脆弱なため、波浪時には船舶の係留が不可能な状況にあるので、静穏度を高めるための防波堤の延伸や総合的な改修について特段のご配慮をお願いするものです。戸又港においても砂の堆積が多く、船舶の航行に支障をきたしている状況にあるので、定期的な浚渫について特段のご配慮を要望いたします。


B熱海市における津波対策について
 熱海市においては、平成27年3月より市内6地区においてそれぞれ3〜4回程度、津波対策協議会を開催し、各地域の住民とハード整備・ソフト対策など津波対策について話し合いを行っております。その結果を踏まえ、地区ごとにおいて整備に関する方向性が示され、整った地区から随時「静岡モデル推進検討会」へ報告を行っているところであります。特に、熱海地区及び多賀地区については、観光や市民生活にも配慮しつつ、防潮堤や水門を整備していくことが合意されたところであります。いつ災害が発生するか分からない中で、各地区津波対策協議会において合意した防潮堤や水門等のハード対策について、事業の早期着工・完成を要望いたします。

令和2年度予算に対する市町支部要望事項の聞き取り〜熱海市・伊東市地域〜
令和2年度予算に対する市町支部要望事項の聞き取り〜熱海市・伊東市地域〜

update : 2019-08-29 15:30:00
by : 自由民主党静岡県支部連合会

県連主催『憲法改正についての勉強会』開催

県連主催『憲法改正についての勉強会』開催

平成29年7月24日(月)、県連主催の『憲法改正についての勉強会』を開催させて頂きました。
講師は、憲法改正推進本部長代理 衆議院議員 中谷 元 先生です。

日本国の歴史、日本国憲法制定までの背景、現状の国際情勢、憲法改正の論点、等々、これから始まる憲法改正の議論のためには、先ず一人一人が良く学び、良く考えなければ…。

目的は、未来に渡って繁栄し続ける日本国を目指して。


☆自民党 憲法改正推進本部のHPはこちらから。↓↓↓http://constitution.jimin.jp/?_ga=2.142412530.1568305863.1501551404-1751469098.1393807628

自民党本部1階、喫茶室にある特設スタジオから、自民党の"今"を動画で配信。議員の想い、政策や国会情勢など、マスメディアでは伝わりにくい情報を、ライブで直接、みなさんにお届けしています。http://www.jimin.jp/activity/movie/0ch_cafe_sta/index.html