自由民主党のHPはこちら↓
http://www.jimin.jp/index.html

東日本巨大地震・津波災害でお亡くなりになられた方々と被災された皆様に対し、心からのお悔やみとお見舞いを申し上げます。

東日本巨大地震・津波災害でお亡くなりになられた方々と被災された皆様に対し、心からのお悔やみとお見舞いを申し上げます。

私たち自民党も全国の皆様とともに救援・復旧に全力で取り組みます。
自民党にはこれまでの災害対応の経験とノウハウが蓄積されています。また、私たちの持っているネットワークからも様々な声が寄せられています。これまでの経験や現地の生の声を活かし、自民党から政府に対し積極的に提言し全力で協力していきます。
わが党の活動はこちら↓
http://www.jimin.jp/reconstruction/index.html

携帯サイトはこちら

自由民主党静岡県支部連合会

http://www.jimin-shizuoka.or.jp/

お知らせ詳細

平成31年度当初予算編成等に伴う知事申し入れ

平成31年度当初予算編成等に伴う知事申し入れを行いました。



≪自民改革会議 平成31年度当初予算 重点要望事項≫



1. 経済成長の加速と産業人材の確保
1) 新産業の創出と競争力の強化
● 産業成長戦略の着実な推進と次世代型産業の創出
・ 医療産業の育成強化
・ 健康産業の集積と高度化
・ CNF(セルロースナノファイバー)の活用促進
・ 自動車産業の「CASE」対応への支援
・ 宇宙・航空産業の誘致・育成
・ マリンバイオ産業の育成
・ AIなど先端技術の活用促進
・ 観光産業の成長力強化への支援
● 中小企業への支援の充実
・ 中小企業受注機会の増大(分割発注等)
・ 成長産業への参入支援
・ 経営力向上への支援
・ サービス産業の生産性向上
・ 経営改善への資金繰り支援
・ 起業・創業、事業承継、BCP策定等の防災対策への支援
・ 商店街の振興への支援
・ 企業立地の推進と人材確保
・ フロンティア推進区域の効果的な展開
・ 高規格道路等を活用した産業の活性化
・ 沿岸部のリノベーションの具体化と事業支援
● 地域企業の海外進出に係る支援
・ 地域外交における通商施策の拡大
・ 海外販路の拡大と輸出産業への支援
● 国の特区制度、規制緩和等を活用した地方創生事業の充実

2) 農林水産業の振興
● 人材確保
・ 新規就農者への支援
・ 後継者育成への支援
● 農業経営への支援
・ 6次産業化への支援
・ 施設整備・設備投資への支援強化
・ AIやロボット等新たな技術を活用した農業の推進
● 本県農林水産物の国内外への販路拡大と販売支援
・ ブランド力強化
・ 輸出支援
・ 市場の活性化支援
● 茶業の振興
・ 茶業振興条例(仮称)の趣旨に則った振興策の実施
・ 茶飲条例の活用
・ 茶文化の振興
・ 基盤整備への支援
・ 販路拡大への支援
● 基盤整備事業の充実強化
・ 農地集約化の支援
・ 農業用団地の整備と利活用推進
・ 土地改良及び農地・農道整備の推進
・ 農業水利施設の長寿命化
・ 排水機場や水路等の再整備の推進
・ 耕作放棄地の解消支援
● 鳥獣被害防止策の充実と捕獲対策の強化
● 食肉センターの早期整備と機能強化
● 木材生産量の拡大
・ 県産材活用への支援
・ 林道整備、路網整備、搬出助成等の拡充
・ 主伐・再造林事業の拡充
・ 森づくり県民税と森林環境税(国)の有効利用と事業規模の確保
● 水産業振興のための支援強化
・ 水産振興条例(仮称)の趣旨に則った振興策の実施
・ 担い手の確保、水産資源の確保、流通ルート開拓等の総合的な対策

3) 産業人材の確保・育成
● UIJターンの促進による人材確保
● AI等の先端技術に対応した人材の確保・育成
● 働き方改革の推進
● 技術職の離職・転出防止と技術の継承
● 女性が輝く社会の実現
● 高齢者の多様な就業機会の確保
● 障害者の法定雇用率の達成に向けた支援
● 外国人受入拡大に向けた環境整備
● 技術専門校の短大化、農林大学校の専門職大学化


 
2. 人口減少社会を克服する子育て支援と医療・福祉の充実
1) 子育て支援の充実
● 幼児教育・保育の無償化の円滑な導入
● 保育所等の待機児童解消に向けた施策の強化
● 多様で質の高い保育への支援
● 保育士等の離職防止、定着促進
● 結婚、妊娠・出産、子育てへの切れ目ない支援
● 職場や地域で子育てを支える仕組みの確立
● 放課後児童クラブ等に対する支援の継続強化
● こども医療費助成の制度充実
● 児童虐待防止のための体制整備
● DV防止対策とケア体制の強化
● 不妊治療への支援
● 子どもの総合的な貧困対策の強化
● 養護施設児童の進学・就職支援等自立支援

2) 医療・介護の充実
● 医師・看護師の確保対策の強化と偏在解消
● 医療水準の高度化
・ 先端医療機関における研究体制・設備の充実
・ 救急医療体制、災害時医療体制の強化
・ 地域包括ケアシステムの構築と在宅医療体制の整備
● 質の高い介護サービスの提供
・ 介護人材の確保と処遇改善への支援
・ ICT等を活用した効率性の向上支援
・ 理学療法士等専門職の確保対策の強化
● 認知症対策の充実

3) 障害者(児)への支援
● 障害者差別解消条例に基づく施策の充実
● 手話言語条例に基づく施策の充実
● ライフステージに応じた支援体制の構築
・ 就学前障害児の居場所確保対策と支援の確立
・ 生活支援事業の更なる充実
・ 社会参加機会の拡大支援
・ 成年後見制度の周知・定着支援
・ 障害者施設整備への支援
・ 働く場の確保と職種の開拓
● 発達障害者への支援体制の充実
● 精神障害者に対する施策の充実

4) 県民の健康づくりの推進
● 健康診断受診率の向上
● 高齢者の社会参加機会の拡充
● 健康経営の普及促進
● 社会健康医学の研究成果の県民への還元
● 受動喫煙防止条例に基づく施策の充実
● 国民健康保険制度の安定的な運営
● HACCP取得支援
● かかりつけ薬局の普及支援

  5) 県民の自立支援
● 適正な生活保護制度の実施と自立支援
● 民生・児童委員活動への支援

6) 心のケア
● 自殺予防対策の推進
● うつ病、ひきこもり対策と家族への相談体制の確立

 
3. 豊かな県民の暮らしの実現
1) 未来に向けた積極的な投資
● 道路整備の一層の推進と予算の拡充
● 河川整備の推進と予算確保
● 港湾整備の推進と予算確保
● 陸海空のインフラ整備と相互連携の強化
・ 効率的・経済的な物流の実現支援
・ 新たな流通機能の開拓支援
● 橋梁の長寿命化の推進
● 社会インフラ老朽化への対応(効果的な維持補修・更新)
● 地籍調査の拡大と官地内民間所有権の解消推進
● 県民に身近な生活環境の整備
・ 道路の維持管理と道路施設の整備
・ 河川の維持管理と河床の浚渫
・ 治山・地すべり、急傾斜地対策の強化拡充
・ 公園の安全な緑化推進
・ 都市機能の高度化
● 工事発注の平年度化
● 地域課題等への緊急的な対応
・ 景観に配慮した空間の整備拡大
● 情報インフラの未整備地域の解消(光ファイバー・携帯)支援
● 自動運転など新たなサービス普及のための環境整備

2) 安全・安心なエネルギーの供給
● 最適なエネルギー構造の構築に向けたエネルギー政策の推進
● 新エネルギー研究開発の推進と関連産業の創出
● 企業、家庭での省エネルギーへの取り組みに対する支援
● 環境と調和した新エネルギーの普及促進

3) 安全・安心な暮らしの確保
● 警察体制の強化
・ 警察署の整備促進と交番の適正配置
・ サイバー犯罪、ネット犯罪対策の強化
・ 特殊詐欺対策の推進
● 交通安全対策の強化
・ 交通安全施設(信号機、標識等)の整備、維持補修の推進
・ 通学路の安全確保
・ 自転車の安全適正利用促進条例(仮称)に基づく施策の充実
・ 高齢ドライバーの安全対策の推進
・ 危険運転防止の啓発強化
● 性犯罪被害者等への支援
● 毒性動物への対策
● 多文化共生の推進
・ 外国人県民の日本語能力習得等への支援
・ 外国人の就労環境の整備
・ 留学生への支援
・ 外国人児童生徒の教育環境の充実(日本語指導のための教員配置等)
● 県民の生活の向上
・ 中山間地域の活力維持への支援
・ バス路線・維持支援とドライバーの確保支援
● 空き家の適正管理と利活用の促進
 
4. 本県の魅力を活かした観光・交流の促進
1) 資源の活用と継承
● 世界文化遺産・富士山の活用と継承
● 韮山反射炉の適切な保存管理、周辺環境整備
● ジオパーク、茶草場農法、静岡水わさび等を活用した観光振興
● 効果的な情報発信の実施

2) 世界レベルの観光地域づくり
● 本県の魅力を活用した観光地域づくり
・ DMOの機能強化
・ オリンピック・パラリンピックに向けた受入環境の充実
・ デスティネーション・キャンペーンを契機とした観光地域づくりの強化
・ 伊豆半島世界ジオパークを活用した事業の展開
・ 浜名湖観光圏の充実
・ 観光に資する施設資源への支援
・ 観光施設整備費の継続・拡充
● 本県各地の魅力情報の効果的な発信
● 観光案内機能の充実
・ 首都圏等における観光案内所の強化
・ 海外における情報発信機能の強化
● 観光人材の確保と育成
● ホテル・旅館の耐震化の促進
● 外国人観光客への対応の充実
・ 外国語による案内表示、観光案内所における多言語対応の強化
・ Wi-Fi、キャッシュレス決済等導入のための環境整備
● 交通機関による料金決済共通化等への働きかけ
● 適切な民泊の管理

3) 人とものの交流の促進
● 地域外交の具体的効果の顕在化と検証、実効性のある事業展開
● 富士山静岡空港の機能性の向上と利活用促進
・ 空港利用拡大に向けた運営権者等との連携強化
・ 新規航空路線の開設促進
・ 空港内敷地の早期活用
● 空港新幹線新駅の設置促進
● 空港を核とした地域づくり
● 観光立県静岡の魅力を活かした国内外からの誘客促進
● 沼津駅周辺総合整備事業の推進
● 県境を越えた自治体間の交流、連携の促進
● 新しい人の流れをつくる移住・定住の促進
● クルーズ船の誘致拡大と交流拠点としての港湾整備
● 駿河湾フェリーの航路存続

4) 文化・スポーツを通じた人材育成と交流の拡大
● 東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けた戦略的な対策
・ トップアスリートの育成
・ 競技人口の拡大
・ アクセス道路、スポーツ施設等の環境整備
・ 市町と連携した機運醸成
・ 合宿誘致の拡大推進と関連施設整備の支援
・ 地元の生活や観光に配慮した交通輸送対策の推進
・ 地域の魅力を活用したオリンピック・パラリンピック文化プログラムの推進
・ 自転車を含めた様々なスポーツ交流の推進
● ラグビーワールドカップの成功に向けた戦略的な対策
・ 大会に向けた県民の機運醸成
・ 組織委員会や関係市との連携による確実な大会運営
● 競技力の向上、選手の育成強化
● スポーツ施設の整備
● 文化力の拠点施設の整備促進
 
5. 教育・人づくりの充実
1) 学校教育の充実
● 学力を向上するための教員指導・民間手法導入の促進
● 教員の資質向上の取り組み強化
● 複式学級への支援者の配置充実
● 配慮を要する児童生徒への支援強化
・ スクールカウンセラーなど専門家の配置拡充
・ 支援員の配置拡充
・ 通級指導教員の配置拡充
● 教員の多忙化解消
・ ALT・事務員の配置
● 学校施設の充実
・ 空調設備の整備
・ トイレの洋式化の推進
● 義務教育
・ 不登校やいじめ問題の対策強化
・ 市町と連携した子どもの貧困対策の強化
・ 部活動の指導員確保などによる支援強化
● 高等学校
・ 学校の適切な管理運営の確保
・ 教育環境の改善
・ 校舎老朽化対策の推進
・ キャリア教育の実施
・ 地域の活力維持のための学校存続
・ 部活動支援の充実(遠征等)
● 特別支援学校
・ 市町との連携による支援策の強化
・ 学校狭隘化の早期解消

2) 多様な教育の実現
● 社会総がかりで子どもを育てる体制の整備
● 大学コンソーシアムの充実
・ 単位互換科目の拡大
・ 高大連携の拡大
・ 留学生の受入環境の充実
・ 地域活性化及び先端産業の育成に資する研究の促進
● 幼児教育の推進

3) 私学教育の振興
● 経常経費に対する支援
・ 経常費助成の継続
・ 高等学校の授業料減免に係る所得制限見直し
● 退職基金に対する支援
● 幼稚園教員の人材確保への支援
● 幼児教育・保育無償化の円滑な導入
 
6. 県民の生命・財産を守る危機管理体制の強化
1) 「地震・津波対策アクションプログラム2013」の推進
● 地震・津波対策施設の整備
・ 静岡方式による防潮堤の整備、耐震化、粘り強い構造への改良等
● 南海トラフ地震の新たな防災対応の体制整備
● 市町の地震・津波対策への支援継続、充実
● プロジェクトTOUKAI-0による住宅や大規模建築物等の耐震化支援の継続
● 緊急輸送路の安全性の確保(落橋防止・沿道建築物の倒壊防止等)
● 防災教育や防災訓練の充実等、地域防災力向上の促進
● 防災協定の見直し推進と新規締結

2) 風水害対策の強化
● 最大クラスの豪雨を想定した治水対策
● 避難行動につながる情報提供等ソフト対策の強化

3) 原子力・火山・テロ対策の強化
● 原子力避難計画の策定促進
● 避難実施体制の整備と避難路の点検、整備
● 原子力安全対策の着実な実施と核燃料税の確保
● 原子力防災資機材の整備
● 富士山噴火対策の強化
● テロ対策の啓発と強化

4) 防災対策基盤の整備
● 消防力の強化
・ 消防団活動への支援
・ 火災用貯水槽等の耐震化・老朽化対策の推進
・ 消防資機材の充実、システム更新への支援
● 災害対策本部、方面本部の機能強化
● 広域防災拠点機能の強化
● 災害時の体制強化(自衛隊等関係機関との連携、災害ボランティア受入等)
● 停電対策の強化
● 外国人県民や訪日外国人旅行客への効果的な情報発信

7. 行財政改革の推進
1) 健全財政の堅持
● 健全財政の枠組み堅持
● 将来にわたって安心な財政運営の確立
● 個人県民税徴収対策の強化
● 県有資産の有効活用と未利用財産の処分
● ファシリティマネジメントの徹底

2) 行政経営体制の強化
● 行政ニーズに対応した組織体制の構築(部門の一元化等)
● 市町との積極的な人事交流
● 新技術等を活用した業務の効率化
● 徹底した見直しによる業務改善や職員数の適正管理
● 障害者の積極的な雇用
● 職員、教職員の不祥事の根絶
● 職員の健康管理
・ 残業減対策
・ 自殺対策
・ 健康診断の受診率向上
● 新ビジョンの目標達成に向けた組織づくりと部局間連携の強化
● 新ビジョンPDCAサイクルの徹底
● 広報の充実
・ 市町の取り組みと連携した広報の実施
・ 縦割りによる非効率な広報の解消


平成31年度当初予算編成等に伴う知事申し入れ
平成31年度当初予算編成等に伴う知事申し入れ

update : 2018-12-19 11:00:00
by : 自由民主党静岡県支部連合会

県連主催『憲法改正についての勉強会』開催

県連主催『憲法改正についての勉強会』開催

平成29年7月24日(月)、県連主催の『憲法改正についての勉強会』を開催させて頂きました。
講師は、憲法改正推進本部長代理 衆議院議員 中谷 元 先生です。

日本国の歴史、日本国憲法制定までの背景、現状の国際情勢、憲法改正の論点、等々、これから始まる憲法改正の議論のためには、先ず一人一人が良く学び、良く考えなければ…。

目的は、未来に渡って繁栄し続ける日本国を目指して。


☆自民党 憲法改正推進本部のHPはこちらから。↓↓↓http://constitution.jimin.jp/?_ga=2.142412530.1568305863.1501551404-1751469098.1393807628

自民党本部1階、喫茶室にある特設スタジオから、自民党の"今"を動画で配信。議員の想い、政策や国会情勢など、マスメディアでは伝わりにくい情報を、ライブで直接、みなさんにお届けしています。http://www.jimin.jp/activity/movie/0ch_cafe_sta/index.html